フライパンの収納は100均でできる!

フライパン 収納 100均

 

フライパンは収納するのが難しい調理アイテムですよね。どうしても取っ手の部分が邪魔になってしまうので、台所の下に収納しようと思っても他の調理道具にぶつかったり扉が閉まらなかったり、意外と邪魔な存在になりがちです。だからと言ってずっとコンロの上に置いておくのも見栄えが良くないですし、コンロや換気扇の掃除をするときに邪魔になってしまいます。

 

調理アイテムとしては必要不可欠となっているのに使わない時に邪魔モノ扱いされてしまうのがフライパンかもしれません。

 

ですが、そんな収納に困るフライパンも100均のアイテムを活用することで上手に収納できるのですよ。例えば100均で突っ張り棒を買ってきて空いている空間にフライパンを収納できるようにしておく方法だったり、ワイヤーネットを買ってきてそこにフックをつけてフライパンを吊るして収納する方法などがあります。

 

大抵のフライパンの持ち手には穴が開いていますし、この部分に引っ掛けることで空間を利用したフライパンの収納方法はおすすめの方法として活用されていますね。

 

また、もう一つ100均のアイテムを使ってできる収納方法としてはファイルボックスを活用する方法。ファイルボックスは本や書類をしまっておくものですが、フライパンを立てかけてしまうのにちょうどいいのですね。幅の広さも種類があるので底浅でも底深のフライパンでもばっちり収納することができますよ。

 

このように100均のアイテムを活用することで邪魔だったフライパンもしっかりと収納することはできるのですね。

100均でできる収納に大きな問題…

ただフライパンを収納するのであれば100均のアイテムを使うことで空間を上手に活用して収納することはできるのですが、これらには一つ大きな問題があります。それは「見栄えが悪い」ということ。

 

確かにすっきりと収納することはできますが、ワイヤーネットにフックをかけて吊るすと焦げついたフライパンの底が常にさらされることになります。また、ファイルボックスを使って収納する方法も台所下の収納にしまうことはできますが、見栄えは良くないのでおしゃれさとはかけ離れた収納方法をしないといけなくなります。

 

特に気にしないのならそれでもいいと思いますが、せっかくならもっとスマートに収納できたら良くないですか。

 

フライパンの収納で困ってしまうのは何と言っても「取っ手が邪魔」ということですよね。取っ手さえなければ収納に悩むことなんてありません。そこで取っ手がとれるフライパンに注目するのですが、ティファールなど有名な取っ手がとれるフライパンがありますが、その多くが便利だけどクオリティが低いという点でデメリットがあってあまり選ばれなくなりました。

 

いくら収納ができる便利なフライパンでも焦げ付いたり本来の目的をおろそかにしては本末転倒ですよね。

 

けれども、性能が高くて取っ手もとれるフライパンとなっているのがフレーバーストーンダイヤモンドエディションです。フレーバーストーンの焦げ付かない・くっつかないという特徴はそのままに取っ手も外せるようになったのがダイヤモンドエディションとなっていますから、もし収納に困っていているのならこの機会にフライパンを買い替えるのもいいかもしれません。

 

フレーバーストーンダイヤモンドエディションは口コミでの評価も抜群に高いですし、耐久性もあるので長く使い続けることができますよ。価格はそれなりにしますが、その分納得できるフライパンを使うことができますから、この機会に買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

>>フレーバーストーンダイヤモンドエディションがココまで評価されているなんて!