フレーバーストーンダイヤモンドエディションがスクエア型なのはなぜ?

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの最大の特長と言えばやはりスクエア型をしているところではないでしょうか。一般的なフライパンは丸いのにどうしてフレーバーストーンダイヤモンドエディションは珍しいスクエア型をいしているのでしょうか。

 

これは「スクエア型の方が量がたくさん作れるから」というのが理由として挙げられます。

 

丸と四角では同じ大きさの場合、四角の方が面積が広くなります。これは隅が生まれるのでその部分にスペースができるからですね。一見すると隅ができるだけではあまり面積は変わらないように思えますが、実は約1.3倍も広くなるとされているのですよ。

 

ですので、家族が多い家庭や友達を呼んで大人数分の料理を用意する必要があるときはフレーバーストーンダイヤモンドエディションのようなスクエア型のフライパンを使った方が一度に作れる量が増えて便利なのですね。

 

一度に作れる量が増えれば分けて作る必要はありませんし、効率よく調理することができます。それに四角い形をしているので食卓にそのまま並べてもおしゃれなお皿みたいにして使うことができるので、見栄えもいいですよ。

 

あと実際に使ってみるとわかるのですが、思っていたよりもコンパクトと感じるかもしれません。隅ができたので大きくなったように感じますが、サイズ自体は丸いフライパンとかわりませんから、サイズ感はそのままに調理スペースが増えているのを感じられると思います。

 

スクエア型のフライパンを使ってみると、逆にどうしてフライパンは丸いのが多いんだろうって思うかもしれません。

スクエア型以外にもこんな特長がある!

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの最大の特長はスクエア型をしていて一度に作れる量が増えるということが挙げられますが、特長は料理スペースが増えたこと以外にもあるのですよ。

 

例えば、フレーバーストーンダイヤモンドエディションは取っ手が外せるようになっています。取っ手を外すことができるので、食卓に並べるときでも取っ手が邪魔になることはありませんし、洗い物をするときも収納するときもすっきりして邪魔になることがありません。

 

取っ手が外せて使えるというのも大きなメリットとして挙げられるでしょう。

 

特にキッチンが狭い家庭だとフライパンをコンロの上に出しっぱなしにしていることもあると思いますが、やっぱり見栄えがよくないですし、風水的にも調理器具を出しっぱなしにしているのはあまり良くないと言われていますから、運を引き寄せるためにも収納はしっかりとしておくようにするといいですよ。

 

また、オーブン調理をすることもできて、ラザニアなどの料理を作る場合にそのまま使うことができます。専用の耐熱皿に小分けする必要もありませんし、そのまま食卓に並べられるのでアツアツの料理を食べることもできますね。

 

アツアツの料理を食べると冷めた料理と比較して段違いに美味しく感じられます。

 

美味しい料理を食べることができるのもフレーバーストーンダイヤモンドエディションの魅力として挙げられます。

 

もともと食材が焦げ付かない・くっつかないというのが特長とされているフレーバーストーンシリーズのフライパンですが、ダイヤモンドエディションはその性能はそのままにスクエア型や細かい機能がついてさらに使いやすくなっているのですね。

 

スクエア型になったフレーバーストーンのメリットを大きく感じて料理を楽しんでみましょう!

 

>>フレーバーストーンダイヤモンドエディションの特長をもっと詳しく見てみる! フレーバーストーンダイヤモンドエディション公式通販サイト