フレーバーストーンダイヤモンドエディションがスクエア型なのはなぜ?

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの最大の特長と言えばやはりスクエア型をしているところではないでしょうか。一般的なフライパンは丸いのにどうしてフレーバーストーンダイヤモンドエディションは珍しいスクエア型をいしているのでしょうか。

 

これは「スクエア型の方が量がたくさん作れるから」というのが理由として挙げられます。

 

丸と四角では同じ大きさの場合、四角の方が面積が広くなります。これは隅が生まれるのでその部分にスペースができるからですね。一見すると隅ができるだけではあまり面積は変わらないように思えますが、実は約1.3倍も広くなるとされているのですよ。

 

ですので、家族が多い家庭や友達を呼んで大人数分の料理を用意する必要があるときはフレーバーストーンダイヤモンドエディションのようなスクエア型のフライパンを使った方が一度に作れる量が増えて便利なのですね。

 

一度に作れる量が増えれば分けて作る必要はありませんし、効率よく調理することができます。それに四角い形をしているので食卓にそのまま並べてもおしゃれなお皿みたいにして使うことができるので、見栄えもいいですよ。

 

スクエア型のフライパンを使ってみると、逆にどうしてフライパンは丸いのが多いんだろうって思うかもしれません。

スクエア型以外にもこんな特長がある!

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの最大の特長はスクエア型をしていて一度に作れる量が増えるということが挙げられますが、特長は他にもあるのですよ。

 

例えば、フレーバーストーンダイヤモンドエディションは取っ手が外せるようになっています。取っ手を外すことができるので、食卓に並べるときでも取っ手が邪魔になることはありませんし、洗い物をするときも収納するときもすっきりして邪魔になることがありません。

 

取っ手が外せて使えるというのも大きなメリットとして挙げられるでしょう。

 

また、オーブン調理をすることもできて、ラザニアなどの料理を作る場合にそのまま使うことができます。専用の耐熱皿に小分けする必要もありませんし、そのまま食卓に並べられるのでアツアツの料理を食べることもできますね。

 

美味しい料理を食べることができるのもフレーバーストーンダイヤモンドエディションの魅力として挙げられます。

 

もともと食材が焦げ付かない・くっつかないというのが特長とされているフレーバーストーンシリーズのフライパンですが、ダイヤモンドエディションはその性能はそのままにスクエア型や細かい機能がついてさらに使いやすくなっているのですね。

 

 

>>フレーバーストーンダイヤモンドエディションの特長をもっと詳しく見てみる!