フレーバーストーンで揚げ物を作っても大丈夫なの?

フレーバーストーンは油を使わないでも焦げ付いたり食材がくっついたりしないで調理することができますが、もちろん油を使っても調理をすることはできます。

 

油を使った調理の中でも普通の炒め物と比較して油を使う量が多い揚げ物を作りたいときがあると思いますが、フレーバーストーンで揚げ物を作っても大丈夫なのでしょうか。

 

フレーバーストーンで揚げ物を作れるかどうかに関してですが、結論から言えば作ることは可能です。

 

揚げ物ようの鍋と比較すると内容量が大きいわけではないので、量をたくさん作ることに関してはあまり得意ではありませんが、揚げ物を作ることができないということはないので、から揚げや天ぷらなどをフレーバーストーンで作ることはできますよ。

 

ただ、一つ注意してほしい点としてはフライパンで揚げ物を作る人が少ないのは高さが足りないからということが理由の一つとして挙げられます。

 

揚げ物を作るとき、どうしても油がはねてしまうことがありますが、この時に高さが低いフライパンを使うと火傷をしてしまう可能性も出てくるので、気を付けなければなりません。

 

なので、フレーバーストーンで揚げ物を作りたいと思っているのなら、フライパンタイプでも調理することはできますが、キャセロールパンのように鍋タイプのフレーバーストーンを使う方が事故が起きるリスクを避けられるとは思いますよ。

フライパンで揚げ物を作る人が少ない理由

フレーバーストーンで揚げ物を作ることは可能ですが、正直なことを言えばあまりおすすめできるものではありません。

 

それは先ほど説明したようにフライパンには高さがないから油はねによって火傷をしてしまう可能性があるということが言えるから。

 

また、それ以外にもフライパンを使って揚げ物を作る人が少ない理由があります。

 

例えば、フライパンと言えば調理をするときに最も使う調理器具ですよね。そのフライパンを揚げ物を作るように使ってしまうと他の料理が作れなくなってしまうので、あまり好まれていないということが挙げられます。

 

フライパンを使う予定がないという場合は、揚げ物を作るように使うことはできますけどね。

 

そして、もう一つの理由としては「取っ手があって危ない」という理由。

 

フライパンには取っ手がありますが、ふとした拍子に服が引っかかってフライパンの中の油がこぼれてしまい、火傷や火事になってしまう危険性もないとは言えません。

 

フレーバーストーンダイヤモンドエディションのように取っ手が外せるタイプであればそういった心配はなくなりますが、ほとんどのフライパンが取っ手が付いているタイプだと思いますから、フライパンで揚げ物を作るのはリスクが高いのですね。

 

 

フライパンで揚げ物を作るのはできないことはないのですが、適した使い方や揚げ物に適した調理器具があるということであまり作る人はいないのです。

 

でも、たまに揚げ物が食べたいときや余計な調理器具を増やしたくないと思っているのであれば、フレーバーストーンのようにフライパンで揚げ物を作るのもたまにはいいかもしれませんね。

 

 

>>お得なクーポン付き!フレーバーストーン公式通販サイトはコチラ! フレーバーストーン公式通販サイト